●園主のブログ

ブログ

●スタッフのブログ

ブログ

  スッタフの日常あれこれ

●はなもも園ご案内

ももの花

観賞用の桃です。(3月〜4月)

蟠桃(ばんとう)園のご案内

蟠桃もも

桃の原種です。(7月〜9月)

●進物用桃ご案内

桃

 

●桃三昧ご案内

桃三昧

会員制桃の頒布会です。

●ぶどう特別販売

ぶどう


はなもも園では、実は、食べられる桃も栽培しているんです。
蟠桃、ネクタリン、冬桃etc

蟠桃と書いて「ばんとう」と読みます。
中国では、『邪気を圧伏し、百鬼を制す』と言われる桃。
日本では古事記や、桃太郎伝説 に鬼退治として登場しています。桃は縁起の良い果物とされています。
中でも、孫悟空が9000年に一度実る桃を食べて不老不死の体を手に入れた、といわれる桃が蟠桃です。
果実が扁平で、真中がへこんでいるアンパンのような桃。平桃(ぴんたお)とか、座禅桃とも言われています。
濃厚で肉厚、ねっとりとしていて原種のような味わいです。
サル


日本一の桃の産地、一宮町で桃のプチ文化に触れてみましょう。

サル 七夕蟠桃、黄金蟠桃、大紅蟠桃、黄色い実のフランス蟠桃、シャリシャリとリンゴのような晩蟠桃など、 珍種を含め、5品種の蟠桃を栽培しています。
 この桃、真中がへこんでいるため、雨期のある日本では大変栽培がしにくく、 傷みやすいことも特徴ですが、長い間試行錯誤を重ね、近年では、おいしく安定した桃が収穫できるようになりました。
時空を超え今なお現存する蟠桃。遠いロマンに思いを馳せてみませんか?
 なにはともあれ、この魅力的な珍果をお客様にもいで召し上がってほしいと思うのです。

くれぐれも食べ過ぎませんように。

時期により収穫できる桃が違いますので、お気軽にお問合せをして下さい。
そのほか、ネクタリン(毛無し桃)ではマンゴネク(黄色の実で熟すとマンゴ
に匹敵する美味しさ!)や、霜が降りる頃に食べられる冬桃など。

当園は、桃の植物園と自負しております。
縁起物の桃をどうぞ、味わってください。


開園期間 7月初旬〜8月下旬
入園料  お一人様2,000円 試食無料

ご自分で木から直接もぎ取った蟠桃2個を箱に入れてお持ちください。
不老長寿の桃としてお土産に最適です。
   ご来園の際はお電話、メール等でご連絡をお願いいたします。